名もなき詩

塾長のひとりごと
Vol.2
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
新着記事
MOBILE
qrcode
英単語
music
メルマガ
参加メールアドレス
退会メールアドレス
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ローカル・ルール
仙台の教材屋さんがいらっしゃって、暫く話し込んでいました。


全国展開している大手の教材出版会社でしたが、一度も活用したことがなかったので、見本を送っていただいたのでした。


地方にはその地方の独自の傾向があるものです。


そういった全国展開しているような教材というのは、一般的なつくりになっているので、必ずしもその地方に適しているとは言えません。


だから、ある程度ベースになる教材を選択して、別途必要な部分については、作ったり、補助教材で補っていく必要があります。


ベースになる教材だけは毎年見直しして、授業や傾向に合ったものを常に探しています。


通年用教材については決定した後だったので、受験直前に使うものと来年度などの新たな検討材料にすることにしました。


教材屋さんからは、仙台の塾の動向(例の0円戦争)、一貫教育校、新指導要領の資料など様々なことについて教えていただきました。


こういった塾の外部の方の見方や情報はためになることが多いものです。


塾の中にいては見えてこないものも、外側の視点からはよく見えるのでしょう。


既知の教材屋さんからは、塾経営のアドバイスや教材の使い方に対するヒントなどもご指南いただくことがあります。


もちろん、時々私もいろいろ無理な注文を押しつけることもありますが。(笑)
漢字検定協会の人
今日電話がありました。


相手は日本漢字能力検定協会の人でした。


漢検の人「どうですか、漢検のご実施予定については?」


私「あっ、実施する予定でいます。」





漢検の人「そういえば



先生のブログ拝見いたしました。」





私「ええっ!!」
Σ(゚д゚;)





漢検の人「目標が大切だというところ、まったく同感です。」




私「はぁ・・・」(〃ω〃)




ちょっとウレシイ♪
(゚∀゚)
全国統一小学生テスト







とうとうこの日が来ましたか。


さて、2回目はどうなる?
びっくらこいた♪ パート
ねこにゃ〜☆さんに「サントリーのCMソングなんですよん。」と教えていただいたのですが、面白かったので投稿します♪




http://jp.youtube.com/watch?v=WtWOI5wSPjg

ていうか、歌うまくないですか? 

インフレ傾向
物価が上昇したことによって、インフレ傾向はますます強くなってきました。


このままいけば、あらゆるモノの価格がじわりじわりともっと上昇しそうです。


原油価格が値上がりした昨年の暮に、こういったことは予想されたことであったのですが、現実になってみると先行き不透明感が増してきます。


そうすると、バブル崩壊後もそうでしたが、「国公立大人気再燃」の可能性が高くなりそうです。


この経済状況では昨年のデータは一切あてになりません。


倍率が変動すればボーダーラインは変わってしまいます。


国公立大を狙う人はすぐにでも動き出さなければなりません。


ところで、物価が上昇するということは貨幣価値が下がるということです。


チャートを見ると5年前に比べて原油価格は3倍以上にもなっています。


私たちの生活は石油を元に成り立っていますから、物価も3倍以上になってもおかしくないわけです。


ということは、貨幣価値は3分の1になる可能性があるということになります。


事実、既に100円で買えたカップラーメンは今や130円程度、ガソリンは前年比24%増の172円になってしまっています。


物価が昨年より約20%増えるということは約16%貨幣価値が下がるということです。


そのため、「貨幣価値が下がってしまうくらいならモノに変えたほうがいい」と考えて、今年は早い段階から設備投資しています。


もし物価がこれ以上上昇した場合、安い買い物になるはずです。
大学全入時代
大学への入学希望者総数が入学定員総数を下回る状況を迎えるとされる状況を「大学全入時代」と呼びます。


この「大学全入時代」に突入するとどんな事が起こるのでしょう?


‖膤悗帽圓のが当たり前になる。
⊃裕い里覆ぢ膤悗簔斬腓定員割れを起こし、「大学崩壊」が始まる。
M夙校生が減少し、予備校が縮小し、現役で大学に行く時代が始まる。


と私は予想しています。


,砲弔い討蓮年々、大学進学率が高まっていることから考えるとその通りになっています。


そうなると必然、若者の多くが大学卒となり、大卒ではない人との賃金格差が生まれそうです。


団塊の世代の定年退職が一段落し再び就職難を迎えた場合、就職できないから大学に進学するというケースも出てきてしまうでしょう。


△澆鵑覆大学に進学したら、今度は人気のある大学に受験生が集中し、人気のない大学は定員割れを起こし潰れていくということが当然考えられます。


私立大学は生き残りをかけて、合併したり提携したりして、「大学再編」が進んでいます。


自分の進学する大学についてしっかり考えておかなければ、進学したのに無くなってしまったという事態になりかねません。


かつては「受験戦争」などと呼ばれ、一浪くらいは当たり前の時代がありました。


しかし、予備校生の減少で、受け皿である予備校そのものが縮小してきています。


そのため予備校に行かず、現役で大学に行く時代が到来すると考えます。
数字
友達のところに寄ってみたら机の上に面白そうな本がのっていました。




「食い逃げされてもバイトは雇うな」


ちょっと時間もあったので、少し拝借して読んでみました。


数字には、

ルール 崕臀がある」

ルール◆崔碓未念嫐を固定する」

ルール「価値を表現できる」

ルールぁ嵎儔修靴覆ぁ


というところに興味をひかれました。


このルールでいくと、「中間テストの数学の平均は高得点でした」というよりも「中三の数学の平均は95.5点でした」と言ったほうがインパクトがあることになります。


また、「クラスの平均点は例年を上回っています」というよりも、「中三の五科目平均は443.1点でした」といったほうがわかりやすくインパクトがあるというわけです。


なるほど、数字を使った方がわかりやすくなりますね。


ところで、その数値は本当なのでしょうか?


それはご想像にお任せします。
びっくらこいた!
ねこにゃ〜☆さんのしゃべりをパクらせていただきました。(笑)


ゴメンナサイ<(_ _)>


久しぶりにアクセス解析をしてみました。


別にアクセス数を気にしたわけではなく、「どんな人が読んでくれているのかな〜?」という興味からです。


そしたら驚くことに、圧倒的に携帯電話からのアクセス数が多かったのです。


比率にしてPC:携帯=1:4ぐらいの割合でした。


これらの人たちはどこでこのブログの存在を知ったのでしょう?


ブログのモバイル版では記事しかないという、いたってシンプルなつくりになっていますので、読者の方のためにちょっと工夫をしてみるつもりです。
言霊
文字のない時代、「言葉」というものは語り部によって伝えられていたと思います。


文字のない時代の「言葉」というものはとても大切なものだったに違いありません。


「言葉を違える」ということはあってはならないことであり、もし、あったとしたら、文化の伝承はその時に全て崩れてしまうことになります。


しかし、便利な「文字」が発明されたことによって、人は「言葉」の力を失ってしまったのではないかと思います。


大切なことは何でも「文字」にしておけばいいわけですから、「言葉」に頼る必要がなくなってしまったのです。


ということは、情報の氾濫した現代の「言葉」というものは、以前よりも、もっと力を失っているのかもしれません。


日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のことを「言霊」と言うそうです。


私たちは、無意識に発している言葉も数多くあると思います。


以前、「言葉は生き物である」とある先輩に教えられ、私はもっと大切に言葉を使わなければならないと思うようになりました。


それ以来、よく考えてから言葉を発するようになりました。


そして今では、言葉にはきっと「言霊」のような力があると信じています。
野望



「おおっ!」(゚д゚;)





キタ━━━━━━━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━━━━━━━!!!!






たった今、YAHOO検索でこのブログは「名もなき詩」第一位となりました。


それにしても、本家本元を抑えて検索一位とは・・・。


しみじみ。(μ_μ*)


えへへ。(*´艸`)


まっ、束の間のことでしょう。( ´ー`)y−~~