名もなき詩

塾長のひとりごと
Vol.2
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
新着記事
MOBILE
qrcode
英単語
music
メルマガ
参加メールアドレス
退会メールアドレス
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
学習の階層

何年間かの模索の結果、集団で学んでいくことが個人の限界を突破するのに有効であるということがわかってきました。


集団の中では、たいてい「頑張る生徒」が1割、「頑張らない生徒」が1割いて、残りの8割は流れの速いほうについていく「中間層」という構造になっています。


この「頑張る生徒」と「頑張らない生徒」の綱引きで、「頑張る生徒」の力量の成長が、集団に大きなインパクトを与えるのです。


一旦流れができてくると「頑張る生徒」の数が増え始め、「頑張らない生徒」も動かざるを得なくなるという現象がおきてきます。


この状態が出来上がると「勉強が楽しく実りのある状態」になるのです。


それまでは、塾の先生が引っ張っていかねばなりません。


「頑張る生徒」は励まし、「頑張らない生徒」は叱り、「中間層」には目標を与え具体策を講じて、「頑張る生徒」へと変化させねばなりません。


各々の階層における特徴は、おそらく次のようなことであると思います。


【頑張る生徒】

この階層は、ほとんどの生徒が「目標」を持っています。


目標が高く具体的であればあるほど頑張る力が強い傾向があるようです。


つまり「夢」が生徒達を高いところに引き上げてくれるということです。


しかし、残念ながら、同学年でその高い志を理解できる生徒はごく少数であり、けっこう孤独であったり、「ねたみ」の対象になったりします。


「燕雀いづくんぞ鴻鵠の志を知らんや」(つばめやすずめのような小鳥に大きな鳥の気持ちがわからないように、小人物に大人物のひろく大きな気持ちはわからないものだ)ということです。


先頭を走り、目標とされる人間と言うのは、一般の人よりも困難な高い壁をのぼる必要があるので、ストレスもたまりやすいと思います。


したがって、人よりも精神的に「大人」でなければなりません。


未熟な心ではとうていその壁を越えることは困難だからです。


最も良いことは、高いレベルで競うことの出来る「ライバル」や「友人」にめぐり合うことです。



【中間層】


目標があまりはっきりしていないために、自分から積極的に行動することができません。


ですから、困難にぶつかると、すぐに悩んで動けなくなってしまいがちです。


したがって、その場合こまめに励ますことが必要になります。


目標がないので、現場の具体策をすぐ求めたがる傾向があります。


具体策を示すと動くことができるのですが、根本的な解決がなされたわけではないので、しばらく経つとまた悩んで動けなくなります。


そして、周りが本格的に動き出すと、自分もあせって行動し始めるということになります。


一般的にはこの階層の生徒が最も多いです。


「頑張る生徒」へのレベルアップを果たすなら、「目標」をもち勇気をだして行動に移らなければなりません。


【頑張らない生徒】


表面上は真面目であったり、とりあえず言うことはきくのですが、言葉とはうらはらに行動を見ると「頑張っていない」生徒達です。


隠れて怠ける傾向があるので、見つけ出すのに時間がかかります。


うそをつくのも得意なので、「家で勉強した」とか、「わかりました」というのですが、ほとんどあてになりません。


目標も口にするのですが、現実の行動とギャップがありすぎて、言葉に誠実さはみられません。


この階層の生徒は、たいてい「コンプレックス」をもっていて、「どうせやっても無駄だ」、「入れるところならどこでもいい」と心の中では考えています。


しかし、現実に言葉にすると怒られるので、表面上は「目標」を口にするわけです。


したがって、まず「コンプレックス」の解消から始めなくてはなりません。


そして、いやでも実際にやらせなくてはなりません。


「やってみてはじめてわかる」こともあるのです。


そして、実際にやらせてみて良かった場合、「頑張ろう」という気持ちが生まれます。駄目だった場合、「悔しい」という気持ちが生まれるはずです。これが次につながるエネルギーとなります。


ここで大切なのは「やらせるなら、中途半端ではなく徹底的にやらせること」です。


でないと、次につながるエネルギーは絶対に生まれません。


私は「頑張らない生徒」には、時期をみて、必ず一度は徹底的にやらせることにしています。


そこまでやるかというくらいのレベルです。


そうすると必ず、そのときの結果が良くても悪くても勉強する方向を向いてくれます。

高校生の宿題

ご存知のように山形には本格的な予備校はない。

 

 

したがって、高校が予備校化しているのは周知の事実である。

 

 

つまり、高校での受験対策の一環として宿題がたくさん出ているということである。

 

 

宿題がたくさん出ているのは必要悪のようなものであるが、問題なのはその弊害として「自分の弱点補強ができない」ということである。

 

 

例えば、古文が苦手な子がいたとしよう。

 

 

しかし、だからといって古文の宿題が基本的なものだとは限らない。

 

 

発展的な内容の古文が次から次へと出されては、弱点補強する余裕さえつくれない。

 

 

その上、古文が必要でない大学を受験する生徒がいる場合でも、同じように古文が宿題として出される。

 

 

これに至っては、もはや「必要」悪ですらない。

 

 

こういった生徒たちが無意識に宿題に追われる状況を鑑み、僕は塾で独自の宿題を出している。

 

 

それは学校の宿題で足りない部分や、学校の宿題についていけなくなっている部分を補うためのものである。

 

 

しかし、学習時間は限られているので、当然、宿題を出す量も限られている。

 

 

生徒たちには、塾の宿題は学校の宿題をした上で余力のある範囲で実行するようにと言ってはいるのだが。

 

 

正直なところ、宿題はある程度選択制にしてほしいというのが本音である。

 

目標

今週は中3が修学旅行に行くので教室が閑散としている。

 

 

修学旅行に行く前にワークは試験範囲を3回転終えるように指導している。

 

 

これについては、ほぼ完了。

 

 

「ほぼ」というのは、一部試験範囲の出ていない中学があって予想範囲でやっているからである。

 

 

中間テストのない中学もあるので、こちらは中体連前までには3回転以上完了するように伝えている。

 

 

こんなことを言うと何なのだが、たとえ与えられた目標であったとしても具体的な目標はあったほうがよい。

 

 

そういう風に指導しているので、進みの遅い子は残って頑張ったり、宿題を多めにやってきたりする。

 

 

こういった目標がなかったとしたら、おそらくここまで頑張ることはないだろう。

 

 

既にワークが3回転終了した子には、新しい課題を与えている。

 

 

どこまでも練習して、より深く学習した者がよりよい成績を収めることができる。

 

 

そのことは過去の先輩たちを鑑みれば明らかだ。

 

 

テスト勉強をしないでよい点数を取れる子のマネなんかしないでほしい。

 

 

そういう子は、一見勉強していない風を装いつつ陰で勉強しているか、あるいは既に勉強済みであるかの可能性が高い。

 

 

むろん、地頭のよい子も多少はいるだろうが、地頭に頼る子は努力を怠れば才能がより開花することはない。

 

 

そういう才能に恵まれた子と自分を比較すること自体が無駄なことである。

 

 

才能に恵まれてないなら努力してそれを補えばよいだけである。

グー・チョキ・パー体操

年末に足を怪我したことは既にブログに書いた。

 

 

その後、足の具合はよくなったのだけれど、いまいち足に踏ん張りがきかない状態が4か月も続いたことから医者の診断を受けようと思い立った。

 

 

それで、生徒たちに聞いて評判の良い医者に行ってみることにした。

 

 

事前調査でホームページを見てみると、何やらよさげな感じである。

 

 

人柄とか考え方はホームページに出るものだなと思った。

 

 

うちの塾のホームページも見直す必要がある。

 

 

自宅から車で約20分、こういう時にグーグルマップは役に立つ。

 

 

グーグルマップがあればカーナビはいらないのではないだろうか?

 

 

到着して中に入るとそこには既に30人ほどが待合室で診察を待っていた。

 

 

看護師さんがとても感じのいい方で、気持ちよく受付を済ませることができた。

 

 

待つこと90分、ようやく自分の番がやってきた。

 

 

診察をうけると、足のケガによって足の裏の筋肉が弱くなっていることが原因だろうということであった。

 

 

「グー・チョキ・パー体操をやるといいですよ。」

 

 

何でも、足の指を使ってグー・チョキ・パーをつくる運動がいいのだと言う。

 

 

それで、暇さえあれば足の指でグー・チョキ・パーを作っている。

 

 

なんとなく効果がありそうな気配を感じる。

 

公立入試塾内平均点

本年度の公立高校入試の塾内平均点が判明した。

 

 

国語83.3点

数学73.1点

英語80.4点

理科79.0点

社会79.8点

 

合計395.8点

 

 

という結果であった。

 

 

それにしても、入試でベストをこえるとは・・・。

 

 

いずれにしても、入試は終わった。

 

 

これからは高校に進学してからの学習となる。

 

 

こちらは旅行などで遅々として進まないのが問題だ。

本年度公立高校入試結果

公立高校入試の結果が出た。

 

 

山形東  5名

山形西  2名

山形南  6名

山形北  3名

寒河江  4名

 

 

という結果になった。

 

 

残念ながら合格できなかった子もいた。

 

 

しかし、挑戦すれば失敗もある。

 

 

今回は結果を出せなかったが、大学受験で花を咲かせてほしい。

 

 

合格した子たちはおめでとう。

 

 

努力が報われて本当によかった。

 

 

 

成長

中3の実力テストの推移を確認していた。

 

7月   312.5点

8月   358.1点

9月   374.1点

11月 363.4点

12月 368.9点

1月   386.1点

 

夏休みに最大の伸びを示し、その後、紆余曲折あって1月が最もよくなっている。

 

 

最後の実力テストから約2ヵ月経過しているので、もう一段階成長する頃合いではないかと期待を寄せている。

 

 

 

 

 

 

大学入試改革

大学入学共通テストのプレテストが実施され、しだいにその内容が明らかになってきている。

 

 

プレテストでまず大きく変わったと思えるのが国語である。

 

 

センター試験とほぼ同内容の評論・小説・古文・漢文に加え、記述問題が3題出題されている。

 

 

しかも、資料が複数与えられ、それを読むだけでも相当の時間が費やされることが予想される。

 

 

それでいて、試験時間は100分間だ。

 

 

つまり、記述にかけられる時間は20分間程度になる。

 

 

これまでは二次試験に国語や小論のある生徒たちに限られていた記述問題が、一般の生徒たちにもほぼ必須となるだろう。

 

 

特に理系の子たちにとっては、国語の記述の練習は負担になることが予想される。

 

 

ただでさえ、理科の物理・化学の学習が三年後半までかかっている現状なのに、それに加えて記述の練習もしなければならない。

 

 

今後、記述問題に対する取り組みを塾でも増やしていかねばならない。

 

 

学校の宿題との両立がますます難しくなるのではないかというジレンマを抱えながらも、やらねばならないという気持ちを強く持つ今日この頃である。

 

 

 

 

 

 

 

平成31年度 山形県公立高校志願倍率

山形東 普通 0.32

山形東 探究 2.54

山形南 普通 1.30

山形南 理数 1.31

山形西 1.07

山形北 1.38

山形中央 1.22

寒河江 普通 0.48

寒河江 探究 3.18

東桜学館 0.71

 

春期講習の高校生の授業について

春期講習が間もなく始まるが、その高校2・3年生の授業というのが、チラシでは説明不足なのでここで補足説明することにした。

 

 

まず、春期講習が始まる前に4日間×3時間の短期講習を行う。

 

 

テーマは数学機Aの範囲で、二次関数、三角比、データ、図形の性質だ。

 

 

次に、春期講習のメインは6日間のQ&Aと4日間の板書の授業があるのだが、4日間の板書の授業内容は確率 確率◆古典の助動詞、漢文の句法である。

 

 

ここで、もし、板書の授業が不要という場合は、別クラスに補講という授業を設けているので、そこでQ&Aの授業を受けられる。

 

 

さらに、8日間の英文法講座があり、授業日の夜7時〜8時の時間帯にくれば受講できる。

 

 

さらにさらに、チラシには全く書いていないのだが、というか書けなかったのだが、授業のない日に板書の授業に出られるようにした。

 

 

こちらは6日間×2時間で、内容は数供Bの、三角関数、対数指数、数列、ベクトルとなっている。

 

 

これでも、内容が伝わらないかもしれないので、詳しくは塾で直接説明していきたいと思う。