名もなき詩

塾長のひとりごと
Vol.2
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
新着記事
MOBILE
qrcode
英単語
music
メルマガ
参加メールアドレス
退会メールアドレス
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
春期講習の高校生の授業について

春期講習が間もなく始まるが、その高校2・3年生の授業というのが、チラシでは説明不足なのでここで補足説明することにした。

 

 

まず、春期講習が始まる前に4日間×3時間の短期講習を行う。

 

 

テーマは数学機Aの範囲で、二次関数、三角比、データ、図形の性質だ。

 

 

次に、春期講習のメインは6日間のQ&Aと4日間の板書の授業があるのだが、4日間の板書の授業内容は確率 確率◆古典の助動詞、漢文の句法である。

 

 

ここで、もし、板書の授業が不要という場合は、別クラスに補講という授業を設けているので、そこでQ&Aの授業を受けられる。

 

 

さらに、8日間の英文法講座があり、授業日の夜7時〜8時の時間帯にくれば受講できる。

 

 

さらにさらに、チラシには全く書いていないのだが、というか書けなかったのだが、授業のない日に板書の授業に出られるようにした。

 

 

こちらは6日間×2時間で、内容は数供Bの、三角関数、対数指数、数列、ベクトルとなっている。

 

 

これでも、内容が伝わらないかもしれないので、詳しくは塾で直接説明していきたいと思う。

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lionlife.hakumon.info/trackback/938484