名もなき詩

塾長のひとりごと
Vol.2
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
新着記事
MOBILE
qrcode
英単語
music
メルマガ
参加メールアドレス
退会メールアドレス
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
テスト

高校のテスト対策の真っ最中である。



高校のテストは試験範囲が広く、かつ、科目数が多いので、中学とは比較にならない大変さである。



特に、地方では国公立大至上主義がまかり通っているので、全科目均等に学習していかねばならない。



これが、私立大対策となると別である。



特定の科目に集中して学習していくことができる。



国公立大はそれができない。



だから、定期テストといえども手を抜く科目がほとんどないのである。



しかも、センターの範囲が広くなってからは、尚更大変になった。



大学受験するのに、3年の11月まで履修範囲が終わらない状況である。



そのため、センター対策が後手にまわっているという印象がぬぐえない。



もはや、県トップ校といえども、年々東北大学の現役合格者数は過去最低を更新し続けている。



これを解決するには、高校1年生から定期テストで頑張り続けていく他はない。



しかし、高校1年生から受験モードで勉強してくれる子は少ない。



大抵は部活に勤しみ、やばくなったら頑張る的な学習スタイルの子が多い。



僕はここにメスを入れていきたい。



大学受験で現役で国公立大に合格したいと望むなら、中高一貫校との差を認識しながら学習していかねばならない。





コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lionlife.hakumon.info/trackback/938463