名もなき詩

塾長のひとりごと
Vol.2
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
NEW ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
新着記事
MOBILE
qrcode
英単語
music
メルマガ
参加メールアドレス
退会メールアドレス
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
途中過程
まもなく二学期の中間テストであるが学校のワークは全員が三回転以上完了。


塾のテキストも順調に消化している。


最終段階のチェックに向けて、テスト類の配布と自作プリントなどを手渡し、早い子は既にそれに取り掛かっている。


夏休みから入塾してきた子たちは、ワークを一週間前に三回転完成させるように言うと、ほぼ全員が驚いたようだった。


いつもはワークを一回しか解かない子、ワーク完成が早くても三日前ぐらいの子たちがほとんどなので、無理もないことである。



今回、僕が感じているのは、塾生の結束力が強くなってきたことである。


休憩時間の様子を見ているとそれがよくわかる。


話の内容も、勉強やテストの話題などが増えてきて、意識が高くなってきている。


この状態になってくると、次第に自分で頑張るようになる。


僕がとやかく言ってきた一学期とは比べ物にならない変化だ。


修業が必要な子たちが、前向きな気持ちに変わり、出来ていないところをなんども繰り返し練習したり、分からないところを分かるようになるまで質問してくる姿は何か清々しさを感じさせるものがある。


テスト前日まで繰り返し練習し、自分をよく見つめ、自分の弱点を少しでも克服していこう。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lionlife.hakumon.info/trackback/937838