名もなき詩

塾長のひとりごと
Vol.2
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
NEW ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
新着記事
MOBILE
qrcode
英単語
music
メルマガ
参加メールアドレス
退会メールアドレス
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
チーム
二年前、僕は1人で塾生全員を教えなければならなくなった。


休むことも、風邪をひくことも許されなかった。


それはもの凄いプレッシャーとの闘いだった。


それを乗り越え、昨年は新しい講師を迎えることができたが、その春、例の震災があった。


春期講習参加者は激減、そこから頑張って立て直すことができたが、振り返る余裕すらなかった。


そして、その甲斐あってか、過去最高の結果を残すことができた。


おかげで、今年、塾生の人数は過去最高に達している。


今僕がやろうとしていることは、一昨年、昨年、できなかったことを少しずつ穴埋めして補うことである。


そのためには、強いチームを作る必要がある。


僕はもちろん頑張る。


しかし、それだけではだめだ。


もっと周りを生かすことを考えていかねばならない。


そう心に決めた。 
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lionlife.hakumon.info/trackback/937837