名もなき詩

塾長のひとりごと
Vol.2
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
新着記事
MOBILE
qrcode
英単語
music
メルマガ
参加メールアドレス
退会メールアドレス
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
独自ルート(4)
高3はこれからの時期の学習として、いよいよ本番対策という感じになると思うのだが、実のところ、そうでもない子も存在する。


高1から通い詰めてくれた子たちはそうでもない。


ところが、高3からやって来る子ほどザルの部分が多く、穴をなかなか塞ぎきれない。


高校では、すでに真ん中よりも上の子たちに照準を合わせ授業をしているようだ。


教材を見ればおよその授業のレベルの検討はつくし、実際、英語は細かい構文解説など行ってはいないらしい。 


しかし、部活で勉強を怠けていた子たちには構文力がないので、構文解説が必要である。


構文解説が模範解答にある問題集ならよいのだが、実際使用しているのは、全訳のみ与えられた問題集か、あるいは模範解答すら与えられない問題集である。


では、授業で構文解説するかというと、そのような時間はとれないのが実状であるようだ。


となると、力のない子たちは、構文がよく分からないまま授業を聞いていることになる。


だから、僕はそういう子たちは自分で独自に教材を買って勉強するしかないと思う。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。