名もなき詩

塾長のひとりごと
Vol.2
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
新着記事
MOBILE
qrcode
英単語
music
メルマガ
参加メールアドレス
退会メールアドレス
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
限界をこえると楽しくなってくる

疲れのたまっている生徒もいたようだが、それでも頑張って全員がやり遂げた。


休憩時間に笑いが絶えなかった。


最後までしっかり質問してくれた。


実のある合宿だった。


今晩も、明日も塾来て勉強したい、という子も何人かいた。


爽やかな風を残して今年の夏合宿は終わった。


コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lionlife.hakumon.info/trackback/920202