名もなき詩

塾長のひとりごと
Vol.2
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
NEW ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
新着記事
MOBILE
qrcode
英単語
music
メルマガ
参加メールアドレス
退会メールアドレス
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
セルフラーニング(コラボ)
いよいよ最終回です。(長かった〜。)


学習のルーチン化(習慣化)の作業の続きです。


まず、おさらいです。


〃弉茴実行→反省(いわゆるplan→do→see)の流れ

▲汽屮襦璽船鷁

持続させるための工夫



前回は,鬚笋蠅泙靴拭


計画→実行→反省(plan→do→see)の流れを確立させるためには、特に「計画」が大切だと申し上げました。


最初のうち、「流れ」は順調に進まないかもしれません。


経験不足のためです。


しかし、根気強くやっていけば、時間も次第に短縮されてくるはずです。


計画をすぐ変更するのではなく、一週間単位程度で見直ししてください。


具体的な学習をするのに、教科毎のサブルーチン化は必要です。


例えば、国語なら、


長文→1日1題
漢字→1日2ページ
古典→1日1題


などのように基本的なペースを決めるということです。


時間で割り振ったり、曜日で割り振ってもいいでしょう。


ルーチン化させるためには、持続することが大切なのは言うまでもありません。


ポイントになるのは、3日・30日・3か月と古くから言われています。


それを乗り越えるためには、ルーチン化させるための何らかの工夫が必要です。


例えば、私の場合、紙に大きく「やるべきこと」や「目標」を書いていました。


この方法は単純ですが効果絶大でした。


どんなに疲れていても、その紙が目に入ると、「やらなければ」という気持ちになりました。


「誰かに宣言しまくる」というのも良い方法かもしれません。


言った限りはやらなければなりません。


言った相手の信頼を勝ち取るために、「努力しよう」という気持ちになると思います。


一緒に学習できるライバルがいるのなら、グループ学習も良い方法かもしれません。


但し、相手を間違えると全く勉強できない場合もあり得ますから注意が必要です。


問題集が半分完了すると、「残り半分を片づけたい」という気持ちになるので、まずは、半分完了させることが精神的に壁を乗り越えるポイントだと思います。


何とか終わりました。


まもなく夏期講習に入ります。


今後は記事もどれだけ投稿できるかわかりません。


夏期講習前に完結させようと思い頑張りました。


夏休みが読者のみなさんにとって有意義なものになりますように。


(おわり)

※参照
セルフラーニング(コラボ)
セルフラーニング(コラボ)
セルフラーニング(コラボ)
テストがない時勉強するのがセルフラーニング
セルフラーニング(コラボ)
★らせん(コラボ)
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lionlife.hakumon.info/trackback/759130