名もなき詩

塾長のひとりごと
Vol.2
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
NEW ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
新着記事
MOBILE
qrcode
英単語
music
メルマガ
参加メールアドレス
退会メールアドレス
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
セルフラーニング(コラボ)
セルフラーニングしていくのに、教材の選定はとても重要です。


教材の力がすぐれていると、それを勉強していくだけで学力は高まります。


しかし、時間は有限ですから、どの時期にどの問題集をやるべきなのか、それ見極め教材を選定していくことには熟考が必要です。


ここで私の意見ですが、教材の選定に当たって三つのポイントがあると考えています。


ー分に合わせず、目標に合わせる。


⇔未茲蠅蘯繊解答・解説の詳しいものを選ぶ。


0造い發痢売れているものではなく、良いものを基準に選ぶ。


それでは細かく見ていきましょう。


,砲弔い討蓮通常、「自分に合った教材」を薦めるものです。


弱点を克服するための時間が充分にあったり、目標に対する学力が備わっているのなら、それでもいいでしょう。


しかし、時間が有限である以上、必要とすべき時に必要な学力が備わっていなければなりません。


そのためには、自分の学力を目標に合わせて身につける必要があると思います。


時間的余裕があるのなら、目標に合った問題集の前に基礎的な問題集から始めるのも良いでしょう。


¬簑衫未豊富でも、解き方が分からなければ意味がありません。


教えてもらえるのならともかく、セルフラーニングしていくのなら詳細な解答・解説のある問題集を選びましょう。


L簑蟒犬惑笋譴覆韻譴仞簇任砲覆蠅泙后


ということは、「売るための問題集づくり」がなされていると考えて良いと思います。


例えば、偏差値80や偏差値30の生徒を対象にした問題集を作ってもあまり売れないでしょう。


対象となる生徒が少ないからです。


最も母集団の多い偏差値50の生徒を対象にした問題集が圧倒的に多くなります。


また、余白をつくり文字を大きくすると紙代がかかり高額になります。


実際は、書き込めるスペースがあって文字が大きいほうが、学ぶ側にとっては良いと思うのですが、価格が高くなると売れません。


したがって、どうしても文字が細かく見にくい問題集が多くなります。


さらに、売るためには全国共通の最大公約数的な問題を集め、あれもこれもいろいろ集める問題集を作る傾向があります。


そのため、本当に苦手なところが手厚く充分に練習できる問題集は少ないと思います。


しかし、これらに逆らい、良質の問題を集め丁寧につくられた問題集も存在します。


そこには出版社の心意気のようなものさえ感じられます。


絶版になってしまった問題集の中には優れたものがたくさんあります。


だから、売れないからと言って、良くないものというわけではないと思います。


どんな問題集が良いかというのは、ヒカリさんの「ヒカリ推薦独学図書リスト」をぜひご参照下さい。


よく研究されていらっしゃると思います。


私もいくつかお薦めしておりますが、最近は市販の問題集をほとんど使わなくなってしまいました。


使ってみて良かった教材があれば、その都度、お薦めしたいと思います。

(つづく)

※参照
セルフラーニング(コラボ)
テストがない時勉強するのがセルフラーニング
セルフラーニング(コラボ)
★らせん(コラボ)
コメント
from: lion   2008/07/16 11:16 AM
ヒカリさん、おはようございます。

コメントはやっ。

ヒカリのはやさですね。(笑)

その通りです。

良いものを見極めるのは難しいです。

使ってみないと分かりませんから。

全国のセルラー(セルフラーニングをする人)のために頑張ってください。(くれぐれも携帯電話会社ではありません、もっといい表現はないものか)






from: ヒカリ   2008/07/16 11:00 AM
コラボありがとうございます。
よいものは少ないです。使えばわかりますよね。まだ30冊くらい載せてないのがあるのでぼくも急ぎます。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lionlife.hakumon.info/trackback/758207