名もなき詩

塾長のひとりごと
Vol.2
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
新着記事
MOBILE
qrcode
英単語
music
メルマガ
参加メールアドレス
退会メールアドレス
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
セルフラーニング(コラボ)
セルフラーニングしていくためには、それぞれに合った学習法を確立させなければなりません。


さらには、必要とされる教材、そして、学習のルーチン化が大切です。


他にも必要とされる要素はありますが、とりあえずこの三つについてご説明しようと思います。


長くなりそうですので、何回かに分けることにいたします。


今回は学習法の確立について思うところを述べさせていただきます。


だいたい学習というのは次のような手順で進んでいくものだと思います。


ゞ飢塀颪鯑匹

▲痢璽箸砲泙箸瓩襦淵汽屮痢璽函

0典する

ぬ簑蟒犬魏鬚

ゥ船Д奪テストをする

Υ岼磴┐燭箸海蹐鯣辛練習


作業,鉢△歪名錣漏惺擦廼気┐討い燭世韻襪發里任后


しかし、理解が弱いと感じたらそこもセルフラーニングの対象になってきます。


上の手順は、英語・理科・社会を意識したものですが、国語と数学も定期テストならばさほど手順は変わらないと思います。


セルフラーニングしていくためには、こういった手順の確立がぜひとも必要です。


科目によっては手順を省くことも可能でしょうし、手順を入れ替えたり、手順の強弱もあっていいでしょう。


たいていの生徒は、学校から渡された問題集を宿題として意図もなくやっていることが多いので、手順のい个りが強調されすぎている傾向が見受けられます。


所詮、やらされてる勉強では限界があります。


自分でやろうと考え、自分に合った、教科ごとの学習法を早期に確立させてください。

(つづく)

※参照
テストがない時勉強するのがセルフラーニング
セルフラーニング(コラボ)
★らせん(コラボ)
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lionlife.hakumon.info/trackback/756715