名もなき詩

塾長のひとりごと
Vol.2
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
NEW ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
新着記事
MOBILE
qrcode
英単語
music
メルマガ
参加メールアドレス
退会メールアドレス
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
英語を極めるものが受験を制す
僕は大学入試の勉強には大切なことが三つあると述べた。






三つめが、「英語を極める」ことだ。


以前、東大に合格したMくんと話したことがある。


「大学受験で一番大切だと思うのは英語です」と彼は言っていた。


英語だけは文系でも理系でも必要で、しかも、センターでも二次試験でも比重が高い。


「英語だけできれば慶應に合格できると思います」と自身慶應に合格した彼は豪語していた。


確かに、国語は勉強しにくい科目だし、数学はミスがあればあっという間に失点してしまうが、英語だけはミスが出にくく、実力差がもろに出る科目である。


実際、Mくんは英語で荒稼ぎして東大に合格した。


それまで、僕は数学に重点を置いた指導をしていた。


というのも、質問が多く出るのが数学だからである。


しかし、その時を区切りに英語に軸足を変えた。


まず、参考にしたのがMくんの学習法である。


彼は学校の課題を提出したことがほとんどなかったらしい。


でも、自分の勉強はやっていた。


彼の勉強のスタイルは独特のものであったが、このやり方なら、たとえ学校の授業についていけない子でも結果が残せると思った。


彼の使った単語帳や問題集をそのまま、その当時の高一に適用した。


その学年が、早稲田に進学したF君たちの学年である。


センターの英語で160点以上とる子が多く、まずまずの結果が残せた。


そして、さらに改良を重ねた学年が昨年である。


この学年の子たちはセンターで180点以上とった子が6名いて、その子たちはことごとく難関大に合格した。


つまり、「センターで英語9割=難関大」という方程式が成り立った。


ということは、難関大を目指すなら、センターの英語で9割以上とれる力を身につけなければならないということになる。


高校生の多くは学習時間の多くを数学に割いていることだろう。


しかし、僕の考えでは最も重要な科目は英語なのである。


(この記事については後ほど修正を加えるかもしれません)
高校の学習はその時々で頑張る
高校生の中には、中学生と同じような感覚で、「高三になってから受験勉強」という子がいる。


しかし、それでは志望大学に進学できない。


そもそも、綱渡りのような受験勉強が成功するとは到底思えない。


もし、合格したとしても、それはいくつかランクを下げるからである。


特に、高1の後半から高2というのが最大のポイントのように思われる。


というのも、数学2Bというのが厄介だからだ。 


以下はセンター試験における数学の平均点の推移である。
(左が1A、右が2B)
      

平成20年  66.3   51.0

平成21年    63.9   50.8

平成22年    48.9   57.1

平成23年    65.9   52.4

平成24年  69.9   51.1


ご覧のように、平成22年を別として、ほとんどの年度で、数学1Aは60点をこえるが、数学2Bは50点程度なのである。


センター試験は平均が60点になるよう問題がつくられているにも関わらず、他の科目と違い、まともに60点をこえたことがない。


うちの塾で、高三の夏休み前に過去問で模試をすると、数学2Bで悲惨な点数を取ってしまう子がいる。


そんな子たちでも、センター本番では平均点程度はとれるようになるが、その代わり、数学にかける時間的比重が高まってしまい、他の科目にかける時間が少なくなってしまう。


それを防ぐためには、定期テストを利用して土台をしっかり作っていく必要がある。


繰り返し、繰り返し傍用問題集を解き、テストで理解できなかったところは必ず穴埋めをしていかないといけない。
長期的視野に立つ
以前、「価値観を変える」という話をした。 


今日は第2回目。


大学入試において大切なことの2つ目は「長期的視野に立つこと」だと思う。


ほとんどの子たちは、毎日の課題、あるいは、毎週の課題に追いまくられて過ごしている。


そして、その課題や予習をすることが勉強だと思っている。


しかし、僕はそれに異を唱えたい。


課題や予習をきちんとこなしてきた子がみんな成績がいいかというと実はそうでもない。


別に僕は学校の課題や予習を否定しているわけではない。


それどころか、それらは非常に大切なものであるとさえ思っている。


そうではなくて、実はもっと大切なものがあると考えているのだ。


それは、自分の勉強である。


学校の課題は自分の弱点や力量に合わせて出されているわけではない。


だから、自分の弱点は長らく放置されたまま受験の年を迎えてしまうこともあるのだ。


これでは、穴が開き過ぎていて、ローラーで全てを埋めていくしか方法がなくなる。


それでは遅いのである。


もっと早い段階で、自分の苦手とする分野を克服していく必要がある。


かつて、英語が学年最下位まで落ち込んだ子がいた。


学校の課題についていくことができず、僕は独自に課題を出した。


つまり、学校の課題にはほとんど手をつけず、僕が出した課題をやっていた。


そして、迎えたセンター試験、みごと英語で9割以上の得点を叩き出してくれた。


また、中学時代に英語の苦手な子がいた。


高1の頃も英語が苦手だった。


僕は、その子にいろいろな英語の課題を出した。


その子の学校は課題が少なかったので、思う存分宿題を出すことができた。


最初の頃は、文法のテストをすると悲惨な結果だった。


しかし、何回も繰り返しやっていたら、次第に英語で点がとれるようになっていった。


そして、迎えたセンター試験、なんとその子も英語で9割以上の得点を叩きだした。


一方、その子よりもはるかに英語の力があったと思う子たちは、学校の課題が多すぎて消化不良気味でさえあった。


何より、課題以外の勉強ができない状態であった。


その子たちは、センターで思うように点数がとれなかった。


ある子のやっていた英語の課題は、東大・慶應・早稲田・上智等の過去問を集めたものだった。


非常にレベルの高い問題集だった。


そのため、予習に時間がうんとかかっていた。


しかし、その子の通う高校では、果たしてどれだけの人数がその大学に合格するのだろうかと疑問に思った。


もっと、その子にあった問題集をやらせるべきではないのかと憤りすら感じた。


こういったものは、ほんの一例に過ぎないが、盲目的に学習するのではなく、自分に何が足りないのかを考え、いつどうやって補うかを計画しなければならない。


そして、本当に自分にとって必要な勉強を優先して行うべきなのだ。


特に現高2の子たちは浪人ができない世代である。


正確に言うと、指導要領が変わっているために、浪人すると大変苦労をすることになると予想される世代である。


だからこそ、時間は貴重だ。


入試までになすべきことは何なのかを考え、それを、いつ、どのように実行していくのかを計画して、着実に実行していかねばならない。


この話については、まだまだ書き足りない部分があるので、ひとまず第一話完とさせていただく。
(もしかしたら、続くかもしれないし、続かないかもしれない)
大学入試の変化(2)
前回は理科について述べたが、数学も変わっている。 


特に数学A


数学Aは、「場合の数と確率」、「整数の性質」、「図形の性質」の3項目で構成されている。


数学Aは本来2単位なので、このうち2項目を学習すればいいはずなのである。


しかし、北大・東大・横国大・京大・新潟大などの大学が「数学Aは全てを出題範囲」としている。


したがって、高校でも全てを教えないわけにはいかない。


そのため、負担が非常に増えている。


そのうえ、「合同式」など、今までは難関大でしか出題されなかったような項目が当たり前のように教科書に載っている。


難易度も上昇していると考えてよい。


このように、問題のレベルも上がり、学ばなければいけない項目も増えている。


ということは、今までのような考え方、つまり、高3になったら受験勉強的な考えではついていけなくなると予想される。


高1の段階から、穴がないように満遍なく学習していくことが求められるだろう。
価値観を変える
僕は大学入試の勉強で大切なことは三つあると思っている。


そのうちの1つが「勉強に対する価値観を変える」ということだ。


たいてい、高校での勉強は与えられた課題をただやるだけになっている、いわゆる「やらされている勉強」に成り下がっていることが多い。


それを自分のためだと思い起して、「自分でやる勉強」に変えるのだ。


自分のためならば、テスト前だけ勉強するなんてことはありえない。


常に学び続け、その途中過程にテストがあるのだ。


だから、テスト前はもちろん学ぶが、それよりもテスト後の方が、より重要になってくるのである。


価値観を変える1つの材料は、検定や模試である。


自分の学力向上のために、検定や模試に積極的にチャレンジするのだ。


そうすれば、やらなくてもいいものを、わざわざ自分で選択したのであるからきっと頑張る。


その頑張った分だけ自分の力になるし、やらされている勉強ではないのできっと楽しいはずだ。


また、勉強会を開くこともよいだろう。


仲間内で勉強会をすれば、きっと勉強が楽しくなる。


ただし、あまりにも親しい仲間だと遊びに走ってしまうので要注意である。


勉強の価値観が変わって、勉強するのが自分のためだと分かり、勉強するのが当たり前になって、尚且つ、勉強の楽しさがわかってくれば、後は成績が伸びるだけだ。


問題は、そのきっかけをいつ掴むか、いつ実行するかだけである。
大学入試の変化(1)
今の高1の子たちから大幅な変更が行われる。


特に大きな変化は理科だ。


現行では、生物機3単位)、生物供3単位)となっており、センター試験では生物気出題されている。


これが、高1の子たちから、生物基礎(2単位)、生物(4単位)に変わり、センター試験では、文系の子なら基礎を付した科目を2科目選択するか、基礎を付さない4単位の科目1つを選択するかに変わるのである。


仮に、基礎を付した2科目を選択した場合、「生物基礎」・「化学基礎」というように科目数の負担が増える。


また、基礎を付さない1科目を選択した場合、仮にそれが「生物」であるなら、それは現行の「生物供廚瞭睛討中心になるので、現状では高3で学んでおり、それでは演習不足に陥る可能性がある。


理系はもっとすごい。


理系の子は、基礎を付さない2科目の選択か、基礎を付した2科目+基礎を付さない1科目の選択となる。


仮に、基礎を付さない2科目が「物理」と「化学」だったとすると、それは現行の「物理供廖◆峅蹴忰供廚瞭睛討任△蝓△修譴蝋2から高3の期間で学ばれており、やはり同様に演習期間が不足する可能性がある。


さらに言うと、理科と数学について新課程の過去問はまるでない。


センターの過去問がないということは、やってみないとわからないということであり、不透明感が高い。


よほど、演習をやっておかないと高得点が難しいと考えている。


さらにさらに、その翌年、つまり、中3の年代から他の科目も全面改定される。


一体どうなるのか、新しい教科書の内容に注意が必要だ。