名もなき詩

塾長のひとりごと
Vol.2
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
新着記事
MOBILE
qrcode
英単語
music
メルマガ
参加メールアドレス
退会メールアドレス
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
練り上げる

センター試験で結果の良かった生徒は、「こんなに辛い思いをして勉強するのはもう嫌だ」というくらい勉強していた。

 

 

それに対して、「何とかなるさ」、「一回くらい浪人したっていい」などと甘いことを言っていた生徒たちは何ともならなかった。

 

 

これを鑑みるに、成功する者というのは、直前まで、しかも、極限まで自分を練り上げるのではないかと思える。

 

 

自分を極限まで練り上げるというのは大変な作業である。

 

 

誰だって、ある程度のところまで出来るようになれば、「このくらいでもういいじゃないか」という気持ちになる。

 

 

目標点数が90点だとして、90点取れるようになったら、そこで「目標達成感」を持ってしまうものだ。

 

 

そして、その科目については手を抜き始める。

 

 

しかし、それでは成績を維持することはできない。

 

 

一旦、良くなったといっても未来永劫良くなることを保証されたわけではない。

 

 

だから、それ以上良くする努力を常に怠らないようにしなければならない。

 

 

しかし、それは先程も述べたように簡単ではないのである。

 

 

自分の出来ていないところをえぐり出し、これでもかこれでもかと克服するために練習しつづけることは、自分のプライドを傷つける作業でもある。

 

 

先程の例で言うならば、9割のできているところではなく、残り1割のできていないところをひたすら練習していく作業に他ならない。

 

 

連日連夜、自分の出来ていないところ、自分の弱さを見せつけられるのである。

 

 

どんなに克服しても、次の日にはまた自分の出来ないところと向き合い続けなければならない。

 

 

中途半端なプライドはボロボロになる。

 

 

正に精神戦と言っていい。

 

 

この精神戦に勝利する、つまり、自分にどれだけ勝つことができるかによって大舞台で本領を発揮できるかが決まってくるのである。

 

 

極論かもしれないが、僕は入試に生き方が表れると思っている。

 

 

それまでの人生が入試当日に出るのである。

 

 

みんな、入試の日に向けて努力しているし、そのことはある意味当然だろう。

 

 

入試の日はたった1日かもしれないが、それまで生きてきた自分の生き方の集大成の日でもある。

 

 

自分がどれだけその日のために努力して練り上げてきたのか、どれだけ誠実に目標に対して努力したのかが表れる。

 

 

ならば、その日まで練り上げ続けることを怠ってはならない。

 

 

誰も見ていなくとも、自分だけは知っている。

 

 

その自分自身が、入試本番でどれだけ頼りになるのか証明されるのだ。

夏期講習が始まる

来週から夏期講習が始まる。

 

 

中三の夏期講習は午後1時から夜の10時まで塾で学ぶことができるようにした。

 

 

夏期講習で使用する教材の量的な問題をクリアするためだ。

 

 

既に7月の初めから夏の教材を使用しているので早い子は四分の一程度終了。

 

 

この調子なら夏の間に2回〜3回転も可能かもしれない。

 

 

1学期の期末テストは平均が431点。

 

 

先日実施した7月の塾内実力診断テストは平均346点、これは昨年の中三の332点よりも14点上回っている。

 

 

夏の講習を乗りこえて充分な実力がつくよう指導していきたい。

そしてロケッツ

来季のロスターだが

 

 

PGラッセルウェストブルッグ

SGジェームズハーデン

PFクリントカペラ

SPタッカー

C ケネスファリード

 

 

こんなのどう?

そして今日からロケッツへ

ラッセルウェストブルックがヒューストンロケッツへ移籍した。

 

 

というわけで僕も今後はロケッツファンに移籍する。

 

 

オクラホマシティサンダー今までありがとう。

 

 

もともと僕はオラジュワンとドレクスラーがいたころロケッツファンだった。

 

 

あの時はルディTがコーチをしていて、ケニースミス、マリオエリー、サムキャセール、ロバートオリーのいるいいチームだった。

 

 

だから、出戻りというわけである。

 

 

それにしても、今年もウェストは注目チームが多い。

 

 

ハーデンとウェストブルックのいるロケッツ

 

 

ポールジョージとカワイレナードのいるクリッパース

 

 

マレーとヨキッチとグラントのいるナゲッツ

 

 

マッカラムとリラードのいるトレイルブレイザース

 

 

ポルジンギスとドンチッチのいるマブス

 

 

そして、アントニオデイビスとレブロンジェームスのいるレイカースだ。

 

 

(挙げるときりがないので、ジャズとスパーズとペリカンズは割愛。ウォーリアーズはアンチなので省略。)

 

 

どのチームも魅力的で楽しめそうだ。

 

 

とりあえず、

 

 

ロケッツ5

レイカース2

クリッパース2

サンダー1

 

 

くらいの割合でファンになろうと思う。(笑)

八村塁

今年は間違いなく八村塁の年である。

 

 

NBAファンだから言わせてもらうが、正直、NBAファンはマイナーである。

 

 

特に田舎ではNBAファンは限りなく少ない。

 

 

塾内でNBAの話をしても理解してくれる生徒はごく少数である。

 

 

ラプターズの記念すべき優勝も、カワイレナードの活躍もここでは何の話題にもならない。

 

 

当然ポールジョージの移籍については全く知らない。

 

 

だから、僕の悲しみは誰にも理解されないわけである。

 

 

ところが、話が八村塁に及ぶと誰もが知っている。

 

 

八村の活躍は知らなくとも顔と名前は知っているのである。

 

 

これは、空前の八村ブームが起きるのでないか。

 

 

かつて荒木大輔が甲子園で活躍した時、子どもに「大輔」と名前を付ける親たちがたくさんいて、「大輔ブーム」が起きた。

 

 

それと同じく、今年はきっと「塁ブーム」が起きると期待している。

 

 

いや、きっと起きる。

 

 

なぜなら、ワシントンウィザースだって日本人ファンを増やして観客動員数を増やしたいに決まっているからだ。

 

 

かつて、姚明がロケッツに入団した時、中国人ファンが激増した。

 

 

それと同じ現象が起きるはずだ。

 

 

そのためにも、八村塁にはプレイングタイムを与え、最初のうち少々結果が出なくとも使っていくはずである。

 

 

何よりウィザースは選手層が薄い。

 

 

だから、八村の活躍する場は大いに与えられるだろう。

 

 

そして、彼はゴンザガ大のエースとして活躍した実力がある。

 

 

プレイングタイムさえ与えられたら、彼はきっと活躍するに違いない。

 

 

そして、NBAファンも増え、僕のポールジョージを失った悲しみも少しは理解されるのではないだろうか。

サンダーの解体

NBAのオクラホマシティサンダーのファンだということは既にブログに書いた。

 

 

ところが、そのサンダーに衝撃が走っている。

 

 

まず、ポールジョージがロサンゼルスクリッパースに移籍。

 

 

続いて、ジェラミ・グラントがデンバーナゲッツにトレード。

 

 

さらに、ラッセル・ウェストブルックまでもがトレードを含めた話し合いの真っ最中だというのだ。

 

 

そんなわけで精神的に凹み、毎晩ビールを飲まないと寝られない状態である。(といっても缶ビール1杯だけだが)

 

 

今後の心持ちとしてはウェストブルックの移籍先しだいというところだろうか。

 

 

心臓によくないので早く決めてほしい。

実力テストに向けて

定期テストはほぼ完了。

 

 

後はごく一部の生徒を残すばかりである。

 

 

次のステップは実力テストだ。

 

 

その実力テストに向けての学習を直ぐに始めなければならない。

 

 

そして、一日でも多く学習することが何よりも大切である。

 

なぜ勉強するのか?

「なぜ勉強するのか?」というのは最も基本的な問いかけで、さまざま答えがあることだろうと思います。


「高校に合格するため」、


「日本は学歴社会だから頭がよくないと出世できないから」、


「いい大学に入ればいい会社に就職できるから」、


「国民の義務だから」という人もいるでしょう。


実は私自身、「なぜ学ぶのか?」という問題にぶつかり、悩み、さまざまの本を読んだりして答えを見つけようとした時期がありました。


両親や先生に尋ねてみても、「屁理屈言わないで勉強しなさい」と言われるだけで、明確な答えは返ってきませんでした。


そこでとことん考えてみることにしたのです。


その過程で出た最初の答えは「生きるために必要だから」でした。


世の中の人々は必ずしも善人ばかりではありません。


人をだましたり傷つけたり・・・。


そのような弱肉強食の世界で生きていくためには、自分になんらかの武器が必要なのではないかと考えました。


もちろんスポーツができることも武器の一つでしょう。


しかしプロで生きていける人はごく少数であり、自分は勉強して武器を身につけるしかないと考えて勉強してみることにしたのです。


中学生の時でした。




次に、大学受験の時に私は猛勉強をしたのですが、成績が向上すればするほど周りが自分をライバル視するようになり、孤独感を味わったことがありました。


入試が近づくにつれ不安もつのり、とうとう「なぜこのような思いをして勉強するのか」を考えないと勉強が手につかない状態に陥りました。


そこで答えのヒントを探そうとたくさんの本を読みました。


その中で見つけた次の答えが「自分を知りたい」ということでした。


自分は、自分でありながら、自分の思うように感情や意思を操ることができません。


勉強しようと思っても勉強できなかったり、頭ではわかっていても思うような行動をおこすことができない・・・そんな自分を鍛え、見直すために、勉強して大学に行き、さまざまの人の考えに触れてみたいと考えたのです。




そして今、私の中にある答えは「世の中を知りたい」ということです。


人を知り己を知れば、さまざまのことができるように思います。


社会がいまどういう状況で、どんなことが必要とされ、そしてその中で自分が何をすればいいのか、何ができるのかを考えるためには、さまざまの知識や知恵が必要です。




ところで、私が塾の先生として子どもたちに対して「学ぶ理由」としてあげているのは「受験は発達課題である」というものです。


もうすでに存在している受験勉強をどう捉えるかは、もはや個人的な問題です。


「つまらない」と捉えることもできるでしょう。


しかし、考え方ひとつで、これを人間的成長の一つの課題として捉えることもできるはずです。


多くの人は受験勉強を辛く厳しいものと考えていると思います。


私は、その一般的常識を覆し、この受験勉強を通じて子どもたちの精神的な成長を成し遂げたいと考えているわけです。


「自分が精神的に成長した」という実感をもつことは、人間にとって大きな喜びのひとつであると思います。


そのことこそ、かけがえの無い財産として残るのではないかと考えているのです。

長時間勉強のすすめ

人間が本当に集中できる時間は60分間のうち15分くらいだと思います。


しかし、長時間勉強できなければ学力向上は望めません。


私が常々言っているのは一日最低3時間ですが、一日5時間くらいやっている生徒は毎年必ず数名います。


「彼ら」は土日となると朝9時〜夜10時くらいまで勉強しています。


そういう生徒は当然結果もよくなります。


「彼ら」はなぜ5時間以上も勉強できるのでしょうか?


ひとつには意識の面があげられると思います。


「彼ら」は学習意欲が非常に高く、向上心が強いのです。


このような意識の高さは、保護者の方々の考え方の影響があるからだと思います。


例えば「うちの子は長時間集中できない」と考えているお母さんがいたとしましょう。


もちろんこれは冒頭で述べたように事実です。


しかし、「だから5時間勉強できない」ということはありません。


もちろん「5時間勉強して頭に入らない」ということもありません。


理由は後で述べるとして、もし、そういうお母さんがいたとしたら子どもはもちろん「5時間なんて勉強できない」と思い込むことでしょう。


それが先入観というものです。


以前、私は生徒の力量を見て「今このぐらいだからこのくらい伸びるかな」という見通しをたてて教えていました。


しかし、ある時「自分の考える限界が生徒の限界ではないか」と考えて、そのような見通しをたてずに教えるようにしたところ、驚くほど生徒達が成長することがわかりました。


つまり、「親や先生の考える限界=子ども達の限界」ということなのです。


実は子ども達には環境に順応する高い能力と柔軟性が備わっているのです。


ですから、「無理に決まっている」と決めつけずに「やらせてみること」も大切だと思います。


もちろん、新しい環境に対しては慣れるまでにしばらく時間がかかることでしょう、精神的にくじけそうになるかもしれません。


大切なのは、そのときに「やっぱり無理だからやめなさい」と直ぐに結論を出さずに、「簡単にあきらめずに頑張りなさい」と励ませるかどうかということです。


大人は自分を基準に物事を考えますから、自分ができないことは子どももできないと決めつけてしまっている場合があります。


意識の高い生徒達の場合、たいていは保護者の方々も非常に意識が高く、「一度決めたことは簡単にあきらめず、限界をつくらない」という方が多いと思います。


もうひとつは体力です。これはもちろん肉体的な体力もありますが、精神的な体力もあると思います。


部活で鍛えたからといって長時間勉強できるわけではありません。


特に入試問題は、やっかいな難問に出くわすことが多いので、そういう精神的にストレスのたまる問題を長時間やっていけば、ふつうは誰だって嫌になるものなのです。


ところが、「彼ら」は全く気にしません。


それどころか、むしろ難問を楽しむ様子さえあります。


頭がいいからでしょうか?


いいえ、難問を気にしないから頭がいいのです。


私はこれを「鈍感」と呼んでいます。


いろんなことを気にせず「鈍感」であることが、勉強では非常に重要な素質のひとつなのです。


「鈍感」な彼らは時間を気にしません、隣の人が何をしていても気にしません、雪が降っても、雨が降っても気にしません、だから、もちろん、難問は気にしないわけです。


それでは「鈍感」は生まれついてのものなのでしょうか?


私は「鈍感」は養えるものであると考えています。


成績の悪い生徒はコンプレックスを持っている場合があります。


コンプレックスが原因の場合、それを取り払うように指導すると、ほとんどの生徒は成績が向上していきます。


例えば、「私はお兄ちゃんほど頭よくない」という生徒に「君は頭がよくないのではなく勉強していないから結果が出ていないだけだ、お兄ちゃんなんか気にするな」と言っていたら、いつの間にか成績が向上していきました。


また、「英語が嫌いだ」という生徒に「アメリカ人は幼稚園児でも英語ができる。英語は頭ではなく経験で学習できるのだ」と指導したら、中1のとき30点だった英語が入試で90点になりました。(余談ですが、後日、この生徒に「英語は好きか」と尋ねたら「嫌いじゃない」と答えました。)


食わず嫌いの生徒に、とりあえず食べてみてはじめて味がわかると指導するわけです。


たったこれだけで、コンプレックスはしだいに消え去り、「鈍感」になっていくのです。


「鈍感」が育っていくと、しだいにコンプレックスを克服した自分を認識することができるようになり、これがいわば「人間的成長」を実感するのだと思います。


このとき、生徒達はいままでにない喜びを感じ、この喜びをもっと経験したいと思い、もっと困難を克服したいと願うようになるのではないでしょうか。


だから、「彼ら」は難問を楽しむのだと思います。



さらに、目標ということがあげられます。


言うまでもない事ですが、目標が高いからこそ努力しても苦にならないわけです。


ところが、目標に向かうときのエネルギーには2種類あると思っています。


ひとつは、純粋に「看護師になりたい」とか「大学に行きたい」とか自分の将来のために必要な知識を求めるために、高校に行くというエネルギーです。


これを私は「正のエネルギー」と名づけています。


「自分をより高いレベルに引き上げる」という考えが根底にあるわけです。


もうひとつは、「彼氏と同じ学校に行きたい」とか「高校行って遊びたい」とか「制服がかわいい」というような、自分のレベルを向上させることが本来の目的ではない場合です。


これを私は「負のエネルギー」と名づけています。


困ったことに、「負のエネルギー」が強くても勉強はできます。


しかし、見かけ上は一生懸命やっているように見えても、根底に自分をレベルアップするという考えがないので、時間はかけますが成果は思うように出ません。


肉体的な疲労が勉強であると勘違いしているからです。


そして、一般的に「負のエネルギー」の強い人たちは、結果の出ないことを他人のせいにすることが多いようです。


もちろん、入試でもいい結果は得られません。


対して「正のエネルギー」の持ち主は、あとからあとからエネルギーが沸いてきます。


よく「砂漠に水」と言いますが、求めているからこそ、まるで砂漠に水をまくようにたくさんのことをあっという間に吸収できるわけです。


まさに「一をきいて十を知る」状態です。


だから、「彼ら」は長時間勉強しても吸収するエネルギーが沸いてくるわけです。


これが「5時間勉強しても頭に入る」秘訣です。


たいていは、どの生徒も「正のエネルギー」も「負のエネルギー」も持っています。


しかし、「正のエネルギー」が「負のエネルギー」に打ち勝たないと、つまり、自分の中の葛藤に勝利しないと長時間勉強での成果は得られないと思います。


それでは、15分しか集中できないのに、長時間勉強するためにはどうしたらいいのでしょうか?


具体的に考えてみたいと思います。


私は次のことを毎年指導しています。


〃彁擦念纏擦六箸錣塞ず筆算でやること→暗算をすると直ぐに疲れて最後までもたないし、疲れてミスが増えるとやる気がなくなる。


漢字や単語や語句は手で覚えること→とにかく、頭は最小のエネルギー消費量で済ませるためには体を使うことが一番いい。


声を出して覚えるのもよい。


但し、周りに迷惑はかけないように。


J拔するにあたっては、最初に必ず一日の計画をたてること→計画のない勉強は無益。


三日はもっても長くはもたない。


なぜなら、最後は時間との戦いになるのに、最も大切な入試直前の時期に、このくらいやればここまでできるという「計画の読み」を育てることができなくなるから。


ぐ貽のラストに頭の疲れる問題は持ってこないこと→頭が回転しすぎると、冴え過ぎて眠れなくなり翌日に影響の出る場合がある。


ラストは漢字・単語・語句・計算などがよい。


ヌ簑蠅魏鬚ときにダイナミクスをつけること→速く読んだり、遅く読んだり、さっと読んだり、じっくり読んだり。スピードやウェイトに変化をつけて学習するとよい。


スピードやウェイトを自由自在にあやつれるように訓練すると、頭をふだんはあまり使わず、ここぞというときにフル稼働して使うことが可能になる。


κ拔はだらだらやること→長時間勉強には「集中しすぎないこと」が大切な要素。


最初、頑張りすぎるとラストまでもたなくなる。


Г錣らないことは5分で見切りをつけること→こだわりすぎると、頭が疲れるばかりで効果的ではない。


わからないことは質問すればよい。


そのために塾がある。


頭で考えず手で考えること→とくに数学の図形や関数は、問題集の図に頼らずに、自分で図を書く習慣をつけること。


文章はポイントと思ったところに線を引きながら読むこと→とにかく体を使うこと。


なるべく間違えないこと→間違えると疲れるのが早くなる。


そのためには、○つけをこまめに実行すること。


特に新しいところや苦手なところは3〜5問で1回くらいのペースで。


 銑が実践できると、10時間でも可能だと思います。


頭のエネルギー消費量をできるだけ抑えて学習することをおぼえればいいわけです。


これが出来るようになると入試でも効果があると思います。


なぜなら、入試は50分×5科目=4時間10分ですね。


ということは、4時間10分バランスよくエネルギーを使い切る練習が必要なわけです。


実際には、緊張してアドレナリンが出すぎて、前半飛ばしすぎの可能性もあるわけですから、5〜8時間もつスタミナをつけなければ受験では成功しないと思うからです。


いかかでしょうか?


長時間勉強はなぜできるのか?


長時間勉強がなぜ効果的なのか?


おわかりいただけたでしょうか?


さしあたり、以下のことをチェックされてみてはいかがでしょう。


^媼韻箸靴董峺続Α廚鬚發辰討い覆い


◆崙澳供廚どうか


「正のエネルギー」が強いかどうか


これがクリアーできたら、さあ、あなたも「彼ら」の仲間入り。

ポストカード

塾に一枚のポストカードが届いた。

 

 

5〜6年前に教えた子からのものだった。

 

 

当時は小学生だったが、志望高校に合格したとの知らせであった。

 

 

それも日比谷高校に。

 

 

お姉さんも通ってくれていたのだが、そちらは早稲田系列の高校に通っていて、来年早稲田大学に進学するとのことであった。

 

 

陽気な姉妹であったが、元気そうでなりよりである。

 

 

こういう近況を聞くとうれしくなって元気が出る。