名もなき詩

塾長のひとりごと
Vol.2
<< January 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
新着記事
MOBILE
qrcode
英単語
music
メルマガ
参加メールアドレス
退会メールアドレス
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
勇気を持て
私は大学時代に合唱をやっていたのですが、大学一年生のときコンサート前はうまくいくかどうか不安な気持ちになりました。


「もし、失敗したらどうしよう」「せっかく友達も来てくれているのにうまくいかなかったらチケット代が無駄になる」などと考えたものです。


そのとき指揮者の先生がこう教えてくれました。


「コンサートとは戦いなんだ。


コンサートとは観客やオーケストラと戦う場所なのだ。」


コンサートとは協力することによって生み出されると考えていた私には驚きの言葉でした。


そして、演奏会の日を迎えたわけですが、結局私はそのときの意味をつかむことができず、客観的に歌ってしまいました。


うまく表現できませんが、音符とかリズムとかいろんなことを考えすぎて歌ってしまったのです。


そのときの演奏会は大成功だったと思います。


後で、演奏会のテープを聴いたのですが、感動して涙がでました。


「自分がさめていた演奏会に感動する」というアイデンティティが喪失するような感覚を味わい、自分が「なぜあのときもっと歌えなかったのだろう」と後悔するはめとなりました。


大学四年のときにその悔しさを晴らすことができたと思います。


私はその演奏会にかけていました。


そのコンサートの成功を心から願い、ともすれば弱気になりがちな自分を奮い起こし、「くじけそうな弱い自分」と戦い続けることができたと思います。


そして、コンサートの日を迎えたとき、演奏会場にいるとき私は悟ったのです。


「失敗なんてありえない。


自分が誘った仲間と、自分が協力し合った仲間と歌い、そして、聴いてくれている観客はすべて私たちが連れてきた観客なのだ。


つまり、自分たちの歌や気持ちを分かろうとしてくれる人たちなのだ。


自分が歌ってきた全てを出したら、それで全てが伝わるのだ。」


「コンサートとはその場のことを指すのではなく、コンサートに至る過程で、どれだけ自分がコンサートしてきたか、その結果が歌になって出るのだ。」


そう、思ったとき心から歌えた気がしたのです。


それは不思議な体験でした。


コンサート会場の人たちの全てが理解できるような、歌っている仲間の気持ちが理解できるような気がしました。


演奏会は成功しました。


みんな私の周りに集まって泣いていました。


私は、「世界中の誰かがこの演奏会を批判したとしても、自分はこの演奏会が誇れる。


なぜなら、演奏会に至る過程での自分の生き方が誇れるから」と思いました。


ずいぶんと長い話になりましたが、私が言いたいのは、テストは結果なのだということです。


自分のそれまでの勉強に対する姿勢が「懸命」であるならば、失敗など気にする必要などないと思うのです。


失敗を恐れるあまり、自分がやってきた「過程」を忘れてしまってはいけません。


普段の力を出せればいいのです。


それ以上など出るはずもありませんし、期待するほうが間違っています。


確かに、平常心を保つのが難しいことは分かります。


でも、ちょっと考えてください。


何のために、勉強してきたのですか?


他人に対して恥じるような勉強をしてきたのですか?


それが分かるなら、堂々と胸を張って受験すればいいのです。


解けない問題を解くことは期待していません。


練習してきたことが出せればいいのです。


その練習を幾度となく積んできたはずです。


顔を上げて勇気を持って立ち向かってください。
年の瀬
今日は大晦日である。


一般の方は「紅白」を見ることが多いであろう。


対して、僕は塾に来て予習をしている。


本当は僕ものんびりしたいのである。


しかし、様々の要因がそれを許さないのである。


いや、言い方が悪かった。


それを自分が許したくないのである。


大晦日にも関わらず、塾に来て勉強している生徒たちがたくさんいる。


これは、僕が望んだことだ。


本当はシャットアウトすべきだったかもしれない。


でも、頑張りたい生徒に頑張れる場所を提供できることは、僕にとっての喜びなのだ。


塾を作ったばかりの頃は、そういう生徒に出会うことが少なかった。


今や正月に塾生の7割近くが参加する。


努力する生徒がたくさんいるアカデミックな雰囲気。


これこそ、僕の望んだことではなかったか?(いや、望んだことだ)


だから、僕は予習をしている。


生徒が頑張っているので、つい影響されてしまうのだ。


「人間て社会的な動物なんだな」と思わずにはいられない。


良いお年を。
面接中
面接回数が増えてきた。


生徒との面接、保護者との面接。


内容は様々だが、具体的な志望校についての話が多い。


テストの結果を見て、志望校変更を考える子もいる。


それはその通りなのだろうが、この時期の志望校変更がプラスかと考えると、あながちそうとも言えない。


志望校を変えると受かるような気になって勉強しなくなる可能性がある。


結果的にどんどん下げていくというパターンに陥ることもある。


また、志望校を変えると学習内容が大きく変わる場合もある。


そのため、それに対応するのに時間がかかってしまう。


だから、志望校変更は時と状況を考えて実行しなければならない。


早く楽になりたいという気持ちは理解できる。


しかし、だからといって、安易に志望校は変えるべきではない。


志望校を変えるとモチベーションも変わってくることがあるのである。
ここから
まもなく定期テストが終わる。


それは、入試のみに専念できるということを意味する。


一つの方向性に向かって集中できるということは、学力向上のためにはいいことだ。


加えて、今はだんだん頭のよくなっている時期なのである。


土台が固まり、解説が自分で読めるようになってくると、格段に学習スピードは上がってくる。


この時期の学習なら、高3にはセンターの過去問を薦めたい。


マーク模試はセンターと似て非なるものである。


どう考えてもセンターの方がよく練られてある。


1年で3回以上やる模試よりも、1年に1回しかやらないセンターの方が上質なのは当然だ。


中3は3月入試なので、過去問には少し早い。


似たような県の入試問題で鍛えてからでも遅くはない。


中3はまだ履修範囲を終えていないので、そこをしっかり学習してから入試問題に取り掛かろう。


塾では、それを冬期講習から取り組む予定だ。


塾生が日本大学経済学部に合格しました!!!
おめでとう!!!!!
塾生が保険医療大学に合格しました!!!
塾生が山形県立保険医療大学看護科に合格しました!!!


おめでとう!!!
塾生が慶應義塾大学に合格しました!!!
塾生が推薦入試で慶應義塾大学商学部に合格しました!!!


しかも、十数名しかいない奨学生としての合格です。


慶應義塾大学の合格は3年連続という快挙を地方の小さな単体の塾で達成しました!!!


慶應商学部 Sくん
慶應理工学部 Oくん
慶應商学部 Oさん
課題
学校の課題は無駄が多い。


例えば、生物が苦手な子がいたとする。


その子は英語が得意だったとしよう。


だから、補強しなければならないのは生物だ。


ところが、学校で出される課題の多くは英語や数学なのである。


課題を出されれば出されるほど生物を学習する時間はなくなっていく。


では、課題を減らしたらどうだというと、授業が成り立たなくなる。


そもそも授業は予習を前提として進められるものだからである。


授業中に勉強していたのでは、授業が進まなくなってしまう。


したがって、現役生は予習や課題をこなしつつ、自分の勉強もするという、高いハードルを与えられることになる。


睡眠時間が少なくなってしまうのも頷けるというものだ。

模試
まもなく全統マーク模試がある。


これが3回目で、残りは12月初めのセンタープレで、塾で実施するマーク模試は終了となる。


高卒生は今のところ順調だと思っているが、模試の結果できちんと確認したい。


状況によってはKパックを模試として活用するかもしれない。


ある高3の子が、二次試験の判断が難しいと言ってきたので、「阪大オープン」を塾で受けるようにすすめておいた。


二次試験で英語が出るのだが、オープン模試がないので、それなら阪大オープンがいいだろうということになった。


塾でオープン模試が実施できるのはこんな時に有難い。


11月3日は全国統一小学生テストというもう一つの「全統」もある。


こちらも参加人数が過去最大となった。


気が抜けない日が続く今日この頃である。
小学生
新しくできた東桜学館中学校であるが、大人気であると言っていい。


もしかすると、今年の倍率は昨年を超えるかもしれない。


その東桜学館中学校であるが、実際の授業も今までの中学校とは比較にならない。


数学は数研出版の体系数学を使っており、もはや連立方程式や不等式の応用まで進んでいる。


他の中学校は進んでいるところでようやく一次方程式が終わったところ。


理科も社会もワークが2〜3冊渡されており、宿題の質も量も今までの中学より多いと思う。


このままいけば3年後には相当の力がつくだろうと予想される。


僕は、今まで、学校の授業に満足せず、より上のレベルで勉強してほしいと思い、やれる子には中学生に高校生の英語や数学を教えてきた。


そのためには、中1である程度のところまで進まなければならないのだが、東桜学館は学校全体でそれに取り組んでいる。


僕にとってはまさに垂涎ものである。


自分の一つの理想とした授業が行われている。


しかし、学校全体で取り組むとなれば、当然、そのスピードについていけなくなる子はいるだろう。


そのために、塾は必要であると思う。


今後益々、うちの塾は東桜学館向けの体制づくりを進めていこうと思う。


幸いにして、小学生は過去最大人数を突破し、最近も問い合わせがある状況である。